Sonarman

IoT+パケットキャプチャによる遠隔原因究明サービスをご提案します。

システム障害の原因究明にお時間がかかっていませんか?

ネットワーク障害の原因調査に時間がかかってしまう!
社内ユーザ部門からの問合せに対応状況を説明できない!
ベンダーに障害状況をうまく伝えられない!
原因不明で再現待ちの障害票が溜まってしまっている!
原因不明で再現待ちの障害票が溜まってしまっている!

IoT+パケットキャプチャによる遠隔原因究明サービスをご提案します。

IoTパケットレコーダー「Sonarman」

  • IoT対応の小型筐体
  • 機械学習による異常検知機能(特許番号:6228616号)
  • 遠隔に特化した操作性
  • パケットキャプチャを取得、蓄積
  • 独自の経験に基づく静的解析
  • 外れ値検出による動的解析
  • 問題検出フィルタを実装

Sonarman設置イメージ

1.Sonarmanをオフィスに設置、ミラーポートに接続
2.Sonarmanにパケットキャプチャを集積
3.機器に一定期間記録を保持、過去の記録は古い順に削除
4.遠隔操作でデータを解析
5.障害の予兆など、異常を検知したらメールで通知

蓄積された正常/異常のパケット比較により、初見でのトラブルシューティング効率が向上します

遠隔サポートを容易にする管理画面


論理的で明確なプロセスによるコミュニケーションの改善。

ダウンタイムの最小化
障害が出やすいタイミング(システムリリース/変更直後)
問題発生を想定し、先手を打っておく
エビデンスベースの障害対応
原因究明作業を効率化、修正基準が明確
情報伝達の精度が向上、ベンダコントロールが容易
障害対応の主導権を握る
予防ではなく、高品質な保守で価値をアピール
顧客との信頼関係強化へつながる

Sonarman活用例

インターネット回線の速度低下調査
インターネットが遅い、よく切れるといったわかりにくい問題を調査し、原因を究明します。
夜間バッチ障害
夜間バッチ処理におけるSQL等の各種データ解析を行います。
システムの応答速度低下
社内システムの性能劣化、レスポンスの分析をもとに改善提案を行います。
社内ネットワーク改善提案
現状を分析し、不具合の被疑箇所をレポートします。 老朽化した機器や設定ミスを発見し改善に繋げます。

@IT掲載記事 - 開発者インタビュー

「海外21拠点を1人でサポートし3年間残業ゼロ」を実践したネットワーク監視の匠が語る「AIOps」の効果とビジョン

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/2001/14/news009.html

お気軽にお問合せください。

お問合せ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
販売代理店
株式会社クオーレ
〒144-0051
東京都大田区西蒲田6-36-11
https://www.cuore.jp/
開発元
株式会社デベルアップジャパン
〒272-0812
千葉県市川市若宮1-12-13
http://develup-japan.co.jp/